タクナビを使う前に(5)LINEを効果的に使う

LINEを効果的に使う

  • まず、【タクナビ】を紹介する時にお客様とLINE交換をします。
  • お客様は、【タクナビ】にログインする時にLINE IDを使用されますので、ご利用できる方か確認する意味もあります。
  • 前出のお客様降車後、直ぐに『タクシー利用のお礼』を送信して、記憶の強い間に一回目のメッセージを送ります。
  • その直後、又は、翌日、あなたのLINEに【お客様の名前】を登録する際に、名前を編集します。
    1. お客様の登録している名前の後に《 @ 》 を付け、その後に《 地名 》乗車地や送り先、その後に《 🚖 》
    2. 例 タクナビ太郎  →  タクナビ太郎@北新地→枚方🚖
    3. 地名を見ることによって、お客様を思い出し易くなります。
    4. お客様を検索する時に 🚖 で検索すると、お客様リストのようにお客様だけが、出てきます。
    5. ちなみに、🚖の印は、《タクシー》と入力すれば、出てきます。
  • 【営業メッセージ】
    • 月末・金曜日・雨 …左記にような条件の時、我々は、非常に忙しくなります。逆に言えば、お客様は、なかなかタクシーに乗れない状態になると考えられます。このような時にお客様に『本日は、タクシー配車が、込み合うことが予想されますので、ご利用の際は、早めのご連絡をお願い致します。』的なメッセージをLINEの🚖マークのお客様に一斉送信します。その日のご利用がなくても、あなたのことを思い出すことにつながり、中には、丁寧なメッセージを送ってくださるお客様もおられます。
  • 【位置情報】乗車場所の確認などに非常に便利な機能
    1. 今いる場所や待合せ場所、待機している場所などを相手に知らせたい時に、知らせたい人のLINE画面で下記の操作で知らせます。
    2. 知らせたい人のLINEの画面の一番下の左側に《×》印が、あります。そこをクリックすれば、色々なボタンが、外面下に広がります。
    3. その中の《位置情報》をクリックしますと、地図が、展開されます。
    4. 赤いバルーンの上の黒い四角(現在位置の住所が、書いてある)をクリックすると相手にその地図ごと位置情報が、送られます。
    5. 地図の初期画面は、現在地なので、待合せ場所などの時は、待合せ場所にバルーンを調整してから、送信します。

 

目次

(1)目的

(2)他アプリと違う点

(3)上質のお客様とは…

(4)上質のお客様と出会った時の応対…

(5)LINEを効果的に使う

(6)ルール・マナー